理想の外構を作りたい!依頼までの流れ

ヒアリング・施工現場の寸法取り

外構工事の流れは、最初に自分の庭をどのようにするかをある程度決めるために展示場などで見学することが重要です。
色々な庭を見ておけば自分の庭づくりに参考になります。
庭でバーベキューをしたいとか子供と遊びたいとか展示場などを参考にして自分の理想を描きましょう。
そしてお気に入りの横浜の業者が決まればヒヤリングを行い、自分が描いている庭造りのおおよその要望をはなして概略の予算がどのくらいかも話して、それを踏まえて業者が略図を制作してくるはずです。
業者の提案で納得すれば微調整をして寸法をとり正確な設計図を作成して、見積もりを依頼をします。

見積作成・打ち合わせ

見積もりが仕上がったら一括払いかローンを組むか支払方法を決めます。
できれば外構工事の費用についても相場を事前に確認しておけば高いのか安いのは判断ができるため納得して依頼することが可能です。
工事の日程や工期など具体的なプランを決定します。工事着工後の変更はいたずらに工期を長引かせ、支払金額がかさむ原因になります。
そして工事内容に納得するまで打ち合わせをしましょう。
設計などを変更しても再び見積もりを依頼することを重ねたとしても後で後悔するようなことがないようにしましょう。出来上がってから理想とする庭と材料がマッチしていなくても作り直すことはできないからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です