大和市で葬儀屋を有名な博物館をオマージュして建ててみる

先日古くからの知人が亡くなり、大和市で葬儀がとり行われました。
葬儀屋というと、どちらかといえばシンプルな、悪くいうと殺風景な作りの建物が多いですよね。
自分が亡くなって葬儀を行うとしたらどんなところが良いかなと、ふと考えました。
博物館や美術館めぐりを趣味としており、国内はもとより海外にも足を運びます。
展覧会の内容はもちろんですが、その建物自体に惹かれていて、
建物を見に行くという気持ちがあります。
そこで有名な博物館をオマージュして葬儀場を建てるということを思いつきました。
重厚で趣のある建物でのとり行われる葬儀だったら、
参列する人も見送られる人も、とても神聖な豊かな気持ちでいられるのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>